留学にフィリピンという選択肢

グローバル化社会において日本人に求められるのが高い英語力です。

今では小学校から英語の授業が導入されるなど、日本人の低い英語力を改善しようと政府自らが対策を講じていますが、それでも英語を話せる日本人は一握りであるので現状です。
これは日本の教育が問題なのではなく、日本の文化に基づいた日本人の性格が原因とも言われています。

どうしても英語を話せるようになりたいという人が最近選択するようになったのがフィリピン留学です。

フィリピン留学の問い合わせ情報をピックアップしたサイトです。

一昔前、語学留学というとアメリカかイギリスが主流でしたが今なぜフィリピンなのか、それは授業内容と値段です。


日本人は明治以降、白人至上主義という白人が絶対という意識が根付いていたため、英語を学ぶならそれを母国語とする白人の国が前提になり、となるとアメリカかイギリスに縛られていたのです。
ただ、英語が母国語なのは欧米だけではないのです。

Yahoo!知恵袋の新しい魅力を紹介します。

実はフィリピンも英語は公用語とされているのです。

タガログ語というイメージが強いかもしれません。こちらも公用語ですが、英語も公用語として小さい時から教育を受けているので、ほぼ全員が英語を話せるのです。


フィリピンであれば日本からもそれほど遠くないですし、物価が安いので欧米への留学と比べて半額程度の値段で済みます。

それに物価が安いので日本人が苦手な集団授業ではなく個別授業をしてもらえるのです。

リーズナブルで質の良い授業が受けられるのがフィリピン留学なのです。